前回展示会の様子
What's New

前回(2017年)“日本の食品”輸出推進セミナー

FD-K

1011日(水)10:30 ~ 11:30

受付終了
2019年までに輸出額1兆円へ! 日本政府の食品輸出政策

農林水産省

食料産業局長
井上 宏司

政府は、2019年の輸出額1兆円という目標に向けて、我が国の農林水産物・食品の輸出拡大を強力に推進しています。本講演では、こうした取組の内容について、日本の食文化の発信、日本食品の海外へのプロモーション、規制の緩和・撤廃、知的財産・標準の活用を含め、具体的に説明します。

プロフィール
昭和59 3月 東京大学法学部卒業
昭和59 4月 通商産業省入省(現:経済産業省)
平成19 7月 資源エネルギー庁資源・燃料部政策課長
平成21 7月 経済産業省大臣官房会計課長
平成22 2月 内閣府特命担当大臣(行政刷新担当)付参事官
平成23 1月 内閣官房長官秘書官
平成23 9月 経済産業省大臣官房審議官(大臣官房担当)
平成24 2月 経済産業省大臣官房政策評価審議官
平成24年12月 資源エネルギー庁次長
平成26 7月 経済産業省地域経済産業審議官
平成27 7月 経済産業省産業技術環境局長
平成28 6月 農林水産省食料産業局長
FD-S

1012日(木)13:30 ~ 15:00

受付終了
イスラーム食品市場および企業によるハラール取り組み事例の紹介

日本貿易振興機構(ジェトロ)

農林水産・食品部
輸出相談窓口 アドバイザー
森川 尚

日本貿易振興機構(ジェトロ)

農林水産・食品部
農林水産・食品課 課長代理
籠瀬 明佳

「ハラール」についての基礎知識、各国で異なる認証制度、市場実態等に関するジェトロ調査に基づき、イスラーム食品市場開拓の考え方と留意すべきポイントなどについて、ハラールへの具体的な取り組み事例を交えて解説します。

13:30~14:10 「イスラーム食品市場における概況」(森川氏)
14:10~14:45 「企業のハラールへの取り組み状況」(籠瀬氏)
14:45~15:00  質疑応答

プロフィール(森川氏)
大手食品会社出身。マレーシアの缶詰製造会社に出向経験あり。缶詰の輸出、ペットフード・缶詰その他の輸入、化成品の原料調達、品質管理等に携わる。2016年6月より農林水産物・食品輸出相談窓口アドバイザー。
プロフィール(籠瀬氏)
1999 年日本貿易振興会(ジェトロ、現・日本貿易振興機構)入会。経済情報部、貿易開発部、進出企業支援・知的財産部において、それぞれ貿易投資白書執筆、ASEAN 各国の産業育成支援、新興国への中小企業の海外進出支援等の業務に携わる。2012年より現職にて、農林水産・食品の輸出促進のための調査業務を担当。

10月11日(水)開催

12:30
~
13:30
FD-1
いざ、日本食品をヨーロッパへ!
~成長著しい日本食業界の攻略法~
受付終了
Minamo Foods Ltd.(ミナモ・フーズ・リミテッド)
Founder & CEO
小池 道隆

著しい成長をみせる欧州での日本食品業界。日本食品といえど海外勢の勢いは凄まじく、日本勢はむしろ出遅れ感が滲む中で、新たなマーケットへの参入方法を在ロンドンの講師が現場からの目線でお伝えします。市場環境、消費者の趣向、価格動向、輸出入の規制関連、販路拡大の過程で聞こえてくる課題や、新たなオンラインチャネル販売の可能性など、事業参入を前提に押さえておきたいポイント、また欧州の消費者に適したブランド戦略等を、事例を挙げて解説します。

プロフィール
1974年生まれ。高校時代をアメリカで過ごし、1996年慶應義塾大学理工学部卒。同年に日本興業銀行に入行。金融機関向け営業、投資銀行部門を経て、2005年よりニューヨーク大学に留学、MBAを取得。2007年マッキンゼー・アンド・カンパニー東京オフィスに入社、金融機関向け戦略策定プロジェクト等に多数参画する。フランクフルトオフィスへの海外赴任にて、ロンドン、フランクフルト、ベルリン、ドバイ、シンガポール、香港等でプロジェクトに従事。2011年より英国ロンドンに拠点を移し、日本食レストラン、小売店、オンライン販売の事業経営の実践を積む。現在は、Minamo FoodsのFounder&CEOでロンドンに進出する飲食店へのコンサルティングや、日本食品の小売販売事業等を展開中。 欧州日本食最前線のタイムリーな情報をメールマガジンで発信中。(http://www.mag2.com/m/0001678271.html
14:30
~
15:30
FD-2
「伊達の純粋赤豚」輸送時の不具合を乗越え、
食肉の輸出に成功するまで
受付終了
(有)伊豆沼農産
代表取締役
伊藤 秀雄

2004年に輸出を開始した際は専門の部隊もなく、手続きさえも分からなかった弊社がどのように海外での販路開拓、ブランディングに成功したのか? 輸出成功までに生じた課題とその対応方法、またその成功がどのような副産物をもたらしたのかについてもお話しします。

プロフィール
「農業を食業に変える」と言うコンセプトで、1988年 伊豆沼農産創業、翌年法人化。地域の「人」「もの」「環境」の価値を再発見し、有機的に組み合わせる事によって、オンリーワンの農村産業を創造する。2009年 第38回日本農業賞 大賞、2016年 農事功績表彰「緑白綬有功章」受賞 他、受賞多数。<主な現役職>
(公財)食の安全安心財団理事、宮城県産業振興審議会委員、宮城県教育振興審議会委員、宮城県輸出促進協議会顧問、宮城県農業法人協会顧問、宮城日本香港協会理事、宮城県指導農業士、エコファーマー など

10月12日(木)開催

10:30
~
11:30
FD-4
鮮度・価格の壁を越えろ!
ブランド「おやついも」のアジア開拓戦略
受付終了
(株)くしまアオイファーム
代表取締役社長/CEO
池田 誠

2012年から海外での対面・試食販売を実施し、日本産の安心・安全イメージと、小型のイモならではの調理の簡便さをアピールすることでシンガポール、香港、台湾への輸出に成功。その後も海外市場のニーズに合わせた販売計画や、新市場へのアプローチ方法策定などの努力で定期出荷につながる基盤を確立した弊社の挑戦について語ります。

プロフィール
さつまいもの生産・加工・販売を一貫して手がける。昭和初期から続く甘藷農家の後継者として、家族経営で甘藷栽培に取組む中、2013年12月に法人化。国の6次産業化企業として認定され、海外輸出にも着手。様々な分野の人材が入社し、現在は70名のスタッフが在籍。小ぶりのさつまいもをつくる技術「小畝密植栽培」の実践に加え、カスタマーニーズに応じた柔軟な対応を心がける事により、国内のみならず、香港、台湾、シンガポールへの定期出荷を実現。「平成28年度輸出に取組む優良事業者表彰」にて農林水産大臣賞を受賞。
16:30
~
17:30
FD-7
新たな輸出先国開拓の仕組み
〜現地で日本と同様の流通・販売体制を作るには〜
受付終了
尾鷲物産(株)
常務取締役
飯沼 久

2015年より、東海地域では初となる台湾に生鮮水産物の定期輸出(毎週2回)を開始。輸出先国、地域ごとに特に現地でのコールドチェーンを確立し、個別配送が可能な事業体と協同。国内流通と同一の品質・企画・配送日数により商品を届ける仕組みを構築。

プロフィール
1992年、尾鷲物産(株)入社。入社後、営業部配属。以来25年間にわたり営業。養殖ブリを国内・海外へと拡販。年間出張日数は200日を超え、最近は海外営業に力を入れ、中国、台湾、香港、マカオ、シンガポール、タイ、マレーシアへと販路を開拓中。

10月13日(金)開催

10:30
~
11:30
FD-8
和食文化を世界に発信!
〜神明グループの海外戦略〜
受付終了
(株)神明
代表取締役社長
藤尾 益雄

美味しく健康的な食として、和食は近年海外で高い人気を誇ります。神明グループでは米に加え、無菌米飯や青果等を輸出している他、海外で外食事業も展開しており、そのような和食文化普及の取組みをご紹介いたします。

プロフィール
平成元年(株)神明入社。専務取締役・営業本部長を経て平成19年6月より現職。<その他の役職>
SHINMEI.U.S.A CORPORATION 会長
神明亞洲有限公司 會長(会長)
(株)神明アグリイノベーション 代表取締役社長
元気寿司(株) 取締役会長
(株)神明精米 取締役
(株)神明ロジスティクス 取締役
(株)ウーケ 代表取締役社長
(株)神明アグリ 代表取締役社長
東果大阪(株) 取締役会長
(株)神戸まるかん 代表取締役会長
12:30
~
13:30
FD-9
吟醸を世界の言葉に
〜「世界一の酒」の称号を獲得した蔵元の海外戦略〜
受付終了
出羽桜酒造(株)
代表取締役社長
仲野 益美

古来より人々の生活に寄り添ってきた、日本の食文化の象徴としての「日本酒」の魅力と、地酒メーカーとしていち早く輸出に取組んだその海外戦略を、実体験を交えて余すことなくご紹介します。

プロフィール
東京農業大学 農学部 醸造学科卒。(公財)出羽桜美術館 理事長も務める。<職歴(一部抜粋)>
東京農業大学 客員教授
東京大学大学院農学生命科学研究科 非常勤講師
山形県酒造組合 会長
日本酒造組合中央会 海外戦略委員会委員長
山形ブランド特命大使
日本吟醸酒協会 6代目会長
(社)全国高等学校PTA連合会 理事
(社)日本青年会議所東北地区協議会 47代目会長

※敬称略。セッションの録音、写真・動画撮影などは一切禁止させていただきます。都合により講師、プログラムの内容が変更になる場合、およびテキスト配付のない場合もございます。あらかじめご了承ください。

  • その他ご質問などありましたら事務局までお問合せください

    セミナーに関するお問合せ

    03-3349-8511 jpfood@reedexpo.co.jp